Jacoform(ヤコフォーム)の腰裏修理

踵の内側の革(腰裏)修理のご依頼を頂きました。
この部分は、足の踵があたって薄くなったり切れてしまったり
します。また、靴の踵を踏んで履いたりすると負担がかかるので
傷みが激しかったりします。

新しい革を靴の外側のふちでミシン掛けし、くるりと内側にたおして
接着すると、もともとのようにミシン目が外に出ない状態になります。

今回は、革の裏(肉面)を表に出しました。もともとがそうだったからです。
革の表(銀面)が表に出ている時は、同じようにさせて頂きます。

腰裏修理:短靴は、1足3,100円~(税別)

チーニー(CHEANEY)のオールソール修理

以前ブログに投稿したものですが、以前のを削除しましたので、同じ内容のものを再投稿します。
靴底が傷んでしまったので靴底全体の修理(オールソール修理)をしてほしいと
ご依頼頂きました。

022

革底の靴は、履いていて自然と靴底に傷がつくまで滑りやすいですが、
通気性に優れています。
それにゴム底にはない革独特の美しさがあります。
傷がついてしまえば、滑りやすさも軽減されます。

ライニング交換

この靴を履いていると、靴下が汚れてしまって、どうにかならないですかと、問い合わせ頂きました。
拝見すると、靴の内側が合皮のため、劣化してぼろぼろべとべとになってしまっていました。
新しく革ではりかえできる事、合皮でなく革ではりかえるので、今度はこのような現象で困る事は
ない事をお話ししたところ、ライニングの交換と中敷き交換をさせて頂く事になりました。

こちらのお客様は、靴下が汚れるので、靴をぬげなかったとおっしゃっていました。
今度は、安心して靴がぬげるようになるのではないでしょうか。

婦人靴のライニング補修

以前更新したと思っていたブログが、消えていたので、再度書きます。

婦人靴のライニング(靴の内側の革)補修をしました。
婦人靴のライニングは、合成皮革を使っている事が多いです。
合皮は、大まかに言うと布の表面に樹脂を接着して作られています。
劣化すると、どうしても表面の樹脂が剥離してしまいますので、
こうなるとどうにも手がつけられません。
ボロボロとはがれた樹脂が、ストッキングや靴下についてしまい、
やっかいな事になります。

樹脂を全部取り除き、新しく革で修理しました。
革でしたら、こういった現象はおこりませんので、安心です。
しかしながら、靴という立体になってしまったものの内側を全部補修するのは
限界があります。
履き口付近だけでしたら補修できますので、お問い合わせ下さい。

靴の構造などにより補修方法、料金が変わりますので、画像を添付の上
お問い合わせ頂けましたらお見積り致します。

オールソール修理と革切れ補修

キャサリンハムネット(KATHARINE HAMNETT)の靴底修理と革切れ(バフ切れ)補修のご依頼を頂きました。

革切れ補修は、表革に同色の革を接着し、ミシン掛けしました。
接着しただけでは剥がれますので、必ずミシン掛けをするため、どうしても
ミシン目が靴底との境に少しだけ見えてしまいます。
なお、念のため、靴の内側からも切れていた部分に革を接着しました。

今回の修理)オールソール(マッケイ)1足:10,000円(税別)/革切れ補修 1ケ所:1,500円(税別)

※こちらの革切れ補修は、オールソール修理しないとできない事ですので、単独ではできない修理です。
なので、必ずオールソール修理と一緒にさせて頂く事になります。

ファスナー交換

スニーカーのファスナーが壊れてしまったという事で、修理のご依頼を頂きました。
壊れたのは、片方だけでしたが、ファスナーの色と仕様が異なってしまうため、両足交換となりました。

今回の修理)ファスナーの長さ7㎝ 両足交換 3,000円(税別)
ファスナー交換は、長さにより料金が変わります。詳しくは、Webサイトをご覧ください。
81Webサイト