中敷き交換

サンダルやパンプスの中敷きの表面が、ポロポロ剥がれてきていませんか?

合皮の場合、劣化すると表面の塗料が剥離してしまうのです。
そんな時は、中敷き交換をどうぞ。
交換で使用するのは、合皮ではなく革なので、剥離する事はありません。

パンプス、サンダル、ミュールなど、中敷きの劣化が気になる時は、ぜひぜひ交換を。

カップが深いビルケンシュトックなどのサンダルは、踵に若干のシワがよりますが、新しく中敷きをはる事は可能です。

こちらは、元々の革は、剥がせないので、その上に新たに革をはります。また、トングの場合は、そのまま新しい革をはる事ができないので、目立たない部分に切り目をいれてトングを通してはっています。画像のサンダルもそうですが、見た目あまり違和感は無いかと思います。革の色は、シルバー以外でもございますので、お問合せください。

ライニング交換

この靴を履いていると、靴下が汚れてしまって、どうにかならないですかと、問い合わせ頂きました。
拝見すると、靴の内側が合皮のため、劣化してぼろぼろべとべとになってしまっていました。
新しく革ではりかえできる事、合皮でなく革ではりかえるので、今度はこのような現象で困る事は
ない事をお話ししたところ、ライニングの交換と中敷き交換をさせて頂く事になりました。

こちらのお客様は、靴下が汚れるので、靴をぬげなかったとおっしゃっていました。
今度は、安心して靴がぬげるようになるのではないでしょうか。

婦人靴のライニング補修

以前更新したと思っていたブログが、消えていたので、再度書きます。

婦人靴のライニング(靴の内側の革)補修をしました。
婦人靴のライニングは、合成皮革を使っている事が多いです。
合皮は、大まかに言うと布の表面に樹脂を接着して作られています。
劣化すると、どうしても表面の樹脂が剥離してしまいますので、
こうなるとどうにも手がつけられません。
ボロボロとはがれた樹脂が、ストッキングや靴下についてしまい、
やっかいな事になります。

樹脂を全部取り除き、新しく革で修理しました。
革でしたら、こういった現象はおこりませんので、安心です。
しかしながら、靴という立体になってしまったものの内側を全部補修するのは
限界があります。
履き口付近だけでしたら補修できますので、お問い合わせ下さい。

靴の構造などにより補修方法、料金が変わりますので、画像を添付の上
お問い合わせ頂けましたらお見積り致します。