腰裏修理とバケッタ加工

踵の内側の革(腰裏)の修理とアッパーにバケッタ加工を施しました。
こちらの靴は、30年近く前に購入された靴だそうです。思い入れが強くぜひ修理をという事でご依頼頂きました。

DSC_0428_convert_20140903214049
修理前)お客様ご自身で接着剤でなおして履かれていたそうです。

018_convert_20140903210756
修理後)カウンターの芯(月型芯)まで接着剤がガチガチにくっついていたので、芯の一部ごと取り除き、新しく月型芯を部分的に入れた上で腰裏修理をしました。
※革用以外の接着剤などを使用すると革を傷めてしまい、また取り除くのも困難で修理代も高くなってしまいますので何もせずにご相談頂く事をおすすめします。

写真
バケッタ加工前)アッパーの毛がねてしまっている部分と起きている部分とまだらになっています。

016
加工後)バケッタ加工は、起毛させた革のみに施せる加工です。しっとりした独特の雰囲気になります。

Jacoform(ヤコフォーム)の腰裏修理

踵の内側の革(腰裏)修理のご依頼を頂きました。
この部分は、足の踵があたって薄くなったり切れてしまったり
します。また、靴の踵を踏んで履いたりすると負担がかかるので
傷みが激しかったりします。

新しい革を靴の外側のふちでミシン掛けし、くるりと内側にたおして
接着すると、もともとのようにミシン目が外に出ない状態になります。

今回は、革の裏(肉面)を表に出しました。もともとがそうだったからです。
革の表(銀面)が表に出ている時は、同じようにさせて頂きます。

腰裏修理:短靴は、1足3,100円~(税別)